ブログ | 東進ハイスクール川崎校|神奈川県

ブログ 

2013年 8月 24日 [-高校時代の自分- No.5 高山紗季]

こんにちは!!
担任助手2年の高山です!

明日はセンター試験本番レベル模試ですね!
みなさんが目標点を達成できるよう祈っています!
頑張って下さいね★

今日は、私の高校時代についてお話します!

私は洗足学園高校に通っていました!
あの緑の制服の学校です!!
女子校で六年間、のびのびと過ごしました

洗足学園の自慢と言えば!
超超超超超綺麗な校舎です!!!

汚い場所がなく、本当に隅から隅まで綺麗な学校で6年間過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

(http://www.wpjapan.com/mtarchives/000295.html#0425より引用)

私は部活動には所属していませんでした。
(中学の3年間はソフトテニス部に所属していました)

高校時代って毎日とても楽しかったなーと思います!
学校に行くだけで友人に会え、たわいもないことを話し・・・
大学生になってから改めて、高校生活は楽しかったなーと思うことが増えました!
勿論、大学生活も楽しいですけどね!

高校時代に得るものはとても大きいです!
後悔しないよう、今しかない高校生活を楽しんでください!

2013年 8月 20日 [-高校時代の自分- No.1 木村 亮]

こんにちは~!!

 

8月も早いもんで、あと10日になってしまいましたね。

 

 

さて、木村が大好きな甲子園は、昨日準々決勝4試合を終えて、この夏に負けてないチームは残り4チームとなりました。最後の一球まで諦めずに、戦ってほしいと思います。

 

 

 

 ちなみに、昨日の準々決勝4試合を見に、甲子園まで行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

4試合ともに、1点を争う好ゲームばかり。準々決勝らしい試合ばかりで本当に見ていて、おもしろかったです。

グランドレベルで見たかったので、朝5:30からチケットを買うために並びました。

そして、7時過ぎに入れてこの位置をゲット!!↓

 

 

 前から4列目でした。

 

 

 

 

 

第1試合は、花巻東が鳴門を逆転で下しました。

 

 

 

 

 

 

第2試合は、日大山形が明徳義塾をこちらも逆転で下しました。

 

 

 

 

 第3試合は、前橋育英が常総学院にサヨナラ勝ちした素晴らしい試合でした。

9回2死2・3塁からの同点打は鳥肌が立ちました。

 

 

 

 

 

 

 第4試合は、延長11回までもつれ込み、延岡学園が富山第一にサヨナラ勝ちをしました。

 

 

 

 

結局、朝5:30~夜7時過ぎまで甲子園に居ました。

暑かったですが、それ以上にすべての試合が熱く感動する試合ばかりでした。

 

この舞台で野球がしたかったと、行く度に感じています。

 

なんで、甲子園まで行くほど高校野球が好きかというと、まぎれもなく高校時代は、甲子園を目指す高校球児だったからです。

 

そんな感じで今日からお伝えするのは、担任助手の『高校時代』と題しまして、高校時代に何をやっていたのかを、勉強面・部活面など様々な角度から語っていきたいと思います。

 

勉強の一休みにも読んでください。

 と言いつつも、甲子園レポートを書きすぎたため、長くなりそうですが暇があれば読んでください。

 

何から書いていいのか分かりませんが、将来は高校の教師になり、いつかは甲子園という舞台に立てるように、今は母校のコーチをしながら、学んだり人脈を作ったりしています。

 

自分の高校時代は、そんなにうまい選手とは言えなかったと思います。

 

ただ足が物凄く速かっただけです(笑)

全盛期で50mを5.9秒台で走っていました。⇐ただの自慢です(笑)

 

自分の高校はそんなに強いチームとは言えませんでしたが、1年生の夏からベンチ入り(背番号15)させていただきました。

 

その年は、3回戦敗退で終わってしまい、すぐに新チームがスタートしました。

 

たまたま上の代にサードを本職とする選手がいなかったので、レギュラーとして試合に出場していました。しかし、この時期くらいから、ただ足が武器なだけでは通用しなくなってきました。

 

バッティング向上に努めましたが、なかなか結果が出ず、翌年春には後輩にレギュラーを取られてしまいました。しかし、そこから自分が出来ることを1つ1つ丁寧にやっていった結果、レギュラーを奪取し、夏の大会では(背番号5)、4回戦(32強)まで進むことになりました。

 ≪写真≫

初戦では、自分が決勝タイムリーを放ち、勝つことも出来ました↓

高校野球ドットコムさんの記事にもなりました

http://www.hb-nippon.com/tokyo/report/486-hb-tokyo-game2010/6560-20100711001

 

その後、新チームがスタートして自分らの代になりました。1年生の夏からベンチ入りしていたこともあり、自分を中心にチームを引っ張って行きました。

 

しかし、翌春には東日本大震災があり、大会が中止になったり、いろいろありましたが、なんとかチームとして形が出来て、最後の大会に臨みました。

 

3回戦では、2-7で迎えた終盤8回に自分の死球をきっかけに一挙7得点を挙げて、逆転勝利。

これも高校野球ドットコムさんの記事になりました

http://www.hb-nippon.com/tokyo/report/691-hb-tokyo-game2011/7961-20110715001

 

4回戦では、敗れはしましたが学生野球の聖地・神宮球場にてプレーすることが出来ました。

 

自分は、本当に恵まれていたんだと改めて思いました。

 

高校野球を通じて、自分が得たものはたくさんありますが、敢えて挙げますとこの二言に尽きます。

 

『自律自立』・『前後裁断』

 

です。

 

自律自立”とは、自分自身で自分をコントロールするということです。

 

前後裁断”とは、未来に起こりそうなことや過去にあったことを考えずに、今目の前にあることに集中するということです。

 

この2つは、母校である野球部の教訓でもありますが、東進ハイスクールの担任助手というお仕事をしている中、大学生として社会に出ている中で、この言葉はホントに通ずるものがたくさんあります。

 

ホントに最高な高校野球生活でした。

 

また、そこで最後までやれることをやって諦めずに頑張るというのを継続していった結果、現在通う慶應義塾大学に合格することも出来ました。

 

 

高校野球は、自分の人生全てです。

 

教師になってこういう人間を育てていきたいと思います。

 

 

木村の高校時代は、駆け足ではありましたが、こんな感じでした。

 

おわり

 

※相変わらず、長文でごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ちなみにこれは、甲子園名物”かちわり”です。

簡単に言うと、氷が入った袋です。

最初は、頭や首を冷やすのに使い、解けてきたら、ストローを刺して飲みます。

昨日は、暑かったのでかちわりに救われました…。

 

川崎校 担任助手2年 木村 亮

2013年 8月 19日 医療衛生学部!!!! 吉田裕平

こんにちは!!!!!!

 

吉田です♪

 

今回はフリーテーマということで、

私の通う、北里大学医療衛生学部についてお話しようと思います!!

 

 

 

 

 

http://www.bing.com/images/search?q=%e5%8c%bb%e7%99%82&FORM=HDRSC2#a

医療衛生学部は、全部で8つの分野に分かれています。

健康科学科

医療検査学科

医療工学科

リハビリテーション学科

 

の4つの学科があり、さらに各学科で細かく専攻ごとに分かれています。

 

皆さんは理学療法学科といわれれば

何をする場所かピンとくると思いますが

医療工学科といわれても良く分からないと思います。

私も高校2年のとき、医療系の大学にいきたいと思っていましたが

具体的にどの学科に進むかは、決まっていませんでした。

自分で調べていく中で、色々な学科を知ることで、

入りたい学科を決めることができました。

 

まだ夢が見つからない、という人も

自分の興味のあることを深く調べてみてください。

そうすることで、夢が見つかるかも知れないですよ♪

 

 

 

2013年 8月 14日 ジョブズの成功を支えた10原則

グループ長制度が始まっていますが、リーダーに参考になる、ジョブズの成功要因を紹介したいと思います。

ジョブズを知らない人は居ないと思いますが、一応参考までに簡単に紹介しますと。

IPadなどの世界的な有名商品を生み出したアップル社の元CEOの方です。病気の為なくなってしまいましたが、彼の功績は世界中の人が称えています。

そんな、ジョブズ氏の成功を支えた要因は以下の10個です。

①完璧を目指せ                                                                           ②専門家を使え                                                                             ③冷徹になれ                                                                            ④消費者調査は要らない                                                                     ⑤学ぶことあるのみ                                                                        ⑥ひたすらシンプルに                                                                       ⑦秘密を守れ                                                                            ⑧チームは小さく                                                                          ⑨鞭より飴を                                                                             ⑩試作は極限まで 

受験生の皆さんには関係のない原則かと思いきや、参考になる姿勢も多数あると思います。⑤の学ぶことあるのみは、誰もが参考にするべきものだと思います。グループ面談は、グループ長のもと、チームとして受験を乗り切るために、また個人の成長も考えても最高の取り組みです。是非、メンバー全員が、自分がひっぱっていくんだという意識で、参加していきましょう。

2013年 8月 13日 高速マスターの秘訣 No6 太田和喜

こんにちは、先日(8月11日)に

たくさんの方に誕生日を祝ってもらいとても幸せな川崎校の太田です!

 

今回のテーマはフリーなので高速マスターについて

書いていこうと思います。

 

 高速基礎マスター講座は「知識」と「トレーニング」の両面から、科学的かつ効率的に短期間で基礎学力を徹底的に身につけるための講座です。大きく分けると、「高速暗記講座」と「高速トレーニング講座」の2つがあり、文法事項や重要事項を単元別・分野別にひとつずつ完成させていくことができます。推奨する受講期間は1講座もしくは1単元で10日~1カ月。インターネットを介してオンラインで利用できるため、校舎だけでなく、自宅のパソコンや携帯電話で学習することも可能です。

 

みなさん正直最近高速マスターの演習量が減ってきてはいませんか??

完全修得したからと言って放置してしまったりしていませんか??

暗記して覚えたつもりになっていても人間の脳は忘れてしまうものです。

 

そこで定期的にチェックする必要があります。

模試の前などは効果的かもしれませんね!!

 

あと、MY単語などは使っていますか??

画面上だけで勉強するだけではなく、隙間時間にも勉強できるように持ち運べる

教材として活用していきましょう。

 

そして、数学に関しては数学計算演習をどんどんやっていきましょう!!

これをやったことによって数学の点数が伸びたという先輩達のデータがあります。

 

そしてそして、最近始まったのが国語力7000とセンター日本史2000が開講されました!!

どちらも各科目の力を付けていく上で不可欠なものです!!

 

これからも東進のコンテンツを最大限に活用して残りの夏を悔いの内容に過ごしていきましょう!!!!!

 

ではではーーーー