模試の受け止め方 | 東進ハイスクール 川崎校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 12月 12日 模試の受け止め方

 

こんにちは。川崎校担任助手の土居です。

 

皆さん昨日平林先生が言っていた模試の自己採点表は提出しましたか?

本番では必ず自己採点をするので、その練習のためにもしっかりと自己採点をしてその結果を提出しましょう。

 

さて今回の模試ですが、当然ですが人によって結果は変わってくると思います。

前回の模試に比べて伸びた人や下がった人、変動のなかった人などいろいろな人がいるでしょう。

もちろん受験生にとってこの時期の模試の成績は気になるかもしれません。

低学年の皆さんにとっても1年の集大成として結果が欲しかったこともあると思います。

ですが、結果と同様に何が前から変わったかを感じることが重要にもなってきます。

自分に起こった些細な成長をしっかりと自分自身で感じることが、模試を受ける意義にもなってきます。

 

結果で一喜一憂するのは30分ほどで済ませ、すぐ模試の振り返りに入って今日以降の学習につなげていきましょう。