2次私大過去問と単ジャルの両立 | 東進ハイスクール 川崎校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール川崎校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 16日 2次私大過去問と単ジャルの両立

 

こんにちは!川内です!

無事に大学のテストが終わりました~!!

後期になるまで時間があるので、大学生します!

皆さんは受験生してくださいね(笑)

 

受験生は受講が増え、単元ジャンルを取り、

やることが沢山あってパンク状態にあると思います。

 

耳にタコができるほど聞いていると思いますが、

単元ジャンルを始めるには共テ5年2次私大5年を解く必要があります。

 

早く5年分終わらせらければ…と危機感を覚えている人が多いと思います。

その一方で単元ジャンルを開始している人も増えてきています。

そこで完全に単ジャルにシフトしてしまった人は要注意です

 

確かに苦手な分野をたくさん演習することはすごく重要なことですが、

過去問の復習はできていますか。

分析はしっかりできていますか。

早く終わらせても、自分の身になっていなければ意味がありません。

 

前々回のブログでも言いましたが、2次私大はとにかく分析が大切です。

 

上手く分析ができず困っている人はグルミで配布した参考例を良く読んでみてください!

 

AIが分析して苦手な問題演習できるからいいでしょ!と思っていませんか?

 

自ら苦手を探しに行く努力をしないと、後で痛い目にあいますよ。。。

 

そこで得た成功体験が合格への大きな一歩になります!

 

過去問は何回も解いて、志望大学の問題に慣れていく必要があるので

週に1回は必ず1年分は解くようにしましょう!

(共通テストが終わっていない人も同様です)

 

とにかくやることが多くて大変だとおもいますが、

毎日計画を立てて、期限に間に合うように努力していきましょう!

困ったことがあったらすぐに相談しましょう!

明日のブログは増田先生です!

 

過去の記事