~世界史の勉強法~ | 東進ハイスクール川崎校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 11日 ~世界史の勉強法~

こんにちは!明治大学商学部一年 吉田潤矢です。

 

昨日のブログで室先生が日本史の勉強法について書いていましたね!

 

なので今回は自分の選択科目だった世界史の勉強法について紹介したいと思います!

 

自分は基本的に学校の授業のペースに合わせて進めていたので全範囲を修了したのが

高3の10月くらいでした。

 

なので夏休み中に終わっている範囲までを徹底的に復習しました。

 

使っていたものは3つです!

 

学校のノート

→自分の世界史勉強のメインアイテムです。穴埋め形式になっていたのでオレンジペンで空欄を埋め、それ以外の部分の重要単語には緑のマーカーを引き、赤シートで隠せるようにしていました。これで繰り返し暗記していくのが中心です!

 

資料集

→主に都市の場所を把握したり、写真でイメージをつかんだりするときに使います!

文字で覚えるだけより定着しやすいと思います。年表も付いているので時代の流れを理解するのにも役立ちます。

 

用語集

→これは世界史用語の辞書のようなものです。山川出版の用語集を使っていたのですが

かなり詳しく説明が書かれています。ただ、皆さんも過去問を解けば分かると思うのですが、

入試では普通にこのレベルの問題は出題されます。そのため、読むだけではなく覚えるまで利用しましょう。(笑)

 

②、③の内容や過去問、大問分野別演習を解いて初めて出てきたもの、重要なものなどを

①のノートに自分でどんどん書き込んでいきます!

 

そして自分だけのオリジナルノートを完成させましょう!

 

ある程度知識が定着してきたら演習で確認をしましょう!

 

単元ジャンル別演習過去問などを利用して解きまくって下さい(笑)

 

問われ方が様々なのでただ覚えるより頭に入りやすいです!

 

こんな感じで暗記と演習を組み合わせた方法で自分はやっていました!

 

よかったら皆さんも参考にしてみて下さい。

体験授業

資料を請求する

アクエリアス