部活生の勉強法 石岡 | 東進ハイスクール川崎校|神奈川県

ブログ

2015年 6月 7日 部活生の勉強法 石岡

こんにちは、2年生の石岡です。

今回のテーマが部活生の勉強方法ということで、さっそく紹介したいと思います。勉強方法というよりも、成功の秘訣の方が近いかもしれません。

高校時代はバスケ部に所属していました。引退は高3の5月半ばころで、東進に入学したのは高2の3月なので部活をやりながら東進には3か月ほど通っていました。大きく分けて以下の2つのことを心がけてました

①隙間時間の活用 ②気持ち

①隙間時間に関しては、とにかく部活をやっていると帰りは遅いし、朝は早い、明らかに部活をやっていない人よりは時間がありません。だからこそ、通学の電車や寝る前の時間昼休みなど、とにかく小さい時間を大事にしていました。高速マスターなどを隙間時間にやっている人が多いと思いますが、僕は予習と復習も隙間時間にこなしていました。とくに、数学などは受講に時間がかかってしまっていたので、校舎に来ると受講だけで終わってしまっていたので、自転車に乗っているときなどに頭の中でその日にやった問題や前日にやったことなどをとにかく声にだしながら説明するように復習してました。きっと、すれ違った人には変人だと思われましたが(笑)実際1日を振り替ええてみると、短いけど空いてる時間がたくさんあると思うので、その時間はとにかく有効活用してください。これによって、引退してから使える時間が増えても上手につかえるようになります。

 

②強い気持ちに関しては、とにかく自分が部活をやっていたことは誇らしいことであったし、やりたくてやっていたので、受験の言い訳にはしたくなかったです。だからこそ、絶対に合格しなくてはいけなかったし、他の受験生には負けたくないという気持ちがありました。点数が全然上がらないときでも、絶対できるし、まだまだこれから!ととにかくポジティブにとらえていました。

部活をやっていた時にも、相手に負けると悔しかったし、絶対負けたくないという気持ちはだれよりも強かったです。

これは勉強にも言えることで、どんな時でも誰かに負けたくないとか、絶対この問題はできるようになるとかいう気持ちは持っていました。

だからこそ、部活をやっている皆さんにはぜひ勉強でもライバルを見つけて絶対負けないという気持ちを持ってほしいです。グループミーティングのメンバーでもいいと思います。

 

細かい勉強の仕方など聞きたければ危機に来てください。