通学時間の活かし方 | 東進ハイスクール 川崎校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール川崎校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 21日 通学時間の活かし方

こんにちは!担任助手の田村です。

 

受験生のみなさんは、スキマ時間を活用した勉強が身についてきた頃かと思います。

 

私もこの時期は少しでも長く勉強できないかと1日のスケジュールを見直していました。

 

そこで気づいたのは、「通学時間もったいないなくない??ということです。

 

私は家から約1時間(家から最寄りまで徒歩10分、電車に乗ること50分、駅から学校まで徒歩15分)の高校に通っていたので、

往復で約2時間のロス(?)ということになります。

 

 

ここで私が通学途中に行っていた勉強法を紹介します!

電車の中では常に単語帳を開く

 

これはすでに身についている人も多いのではないでしょうか?

高校の3年間、私はほぼ毎日英単語帳を見ていました。

学校で小テストがあったということもあるのですが、単語は毎日触れないとすぐに忘れてしまうので、個人的にまだ詰めきれていなかった英単語を中心に勉強していました。

例えどれだけ眠くて途中で意識を失いそうになっても、一つでも単語を目に焼き付けようと必死になっていました笑

 

 

歩いているときは音源を聞く

高校1〜2年生のときは私の1番の苦手科目であるリスニングを克服しようと音源を流していたのですが、

車の音がうるさく聞き取れない部分が多かったです。

もちろん支障がなければリスニングをするのも良いと思いますが、個人的におすすめしたいのは社会科目の音源です。

私は年号の単語帳の音源をダウンロードして、ずーーっと聞いていました。

数字の羅列で頭に入ってこなかった年号が、不思議なことに耳で聞くと驚くほど覚えられる、、、

教科書を音読してくれているのも良し。

 

私は通学時間の勉強に救われたと言っても過言ではないと思っています!

 

みなさんも自分なりの通学時間勉強ルーティーン作ってみてはいかかでしょうか!

 

明日のブログは平賀先生です!お楽しみに〜

 

 

過去の記事