経営工学科で学べる事 | 東進ハイスクール 川崎校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 4月 10日 経営工学科で学べる事

こんにちは!川内です!

明日から大学の授業が始まるので、楽しみです!

今期も頑張って行きたいと思います!

皆さんは新学期が始まり、志望校などについても考える時期だと思います。

特に受験生はこの時期に確定しておくべきで、

まだ決まっていない人は早めに決めましょう!

決まらない理由として考えられるのは、

実際に大学ではどのようなことを学んでいるかを理解していないということです。

そこで、自分の通っている経営工学科

具体的にどのようなことを学んでいるかを話したいと思います。

学ぶ内容は主に3つ挙げられます。

数学・統計・プログラミングです。

数学は微分積分学と線形代数学です。

微分積分学は高校で習う数Ⅲの延長線上の話なので、そこまで苦労しないと思います。

線形代数学も数学の計算を楽にするという目的の学問なので、

新たな発見があり楽しく受けられると思います。

次に統計学は数2Bで習う確率統計の分野になります。

身近な事象について確率論を用いて議論出来たりするので、

これも楽しく受けることが出来ます。

ここで習う数学や統計はがっつりプログラミングで使うので、

プログラミングに興味のある人は深く理解しておくべきだと思います!

プログラミングは、学部・学科に寄って習う言語や内容が違うので、

難易度を一概に言うことは出来ませんが、

ほとんどの人が初心者なのでまずは授業内容を理解することが出来れば、問題無いです。

最初は文法を習うので、何のためにやっているのかとなると思いますが、

将来使えることは間違い無いので、興味を持って学びましょう!

もっと具体的なことを聞きたい場合は是非聞いてください!