本番に向けた意識づくり | 東進ハイスクール 川崎校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 12月 11日 本番に向けた意識づくり

 

こんにちは!1年担任助手の平林です!

 

今日はみなさん模試お疲れさまでした。

高3生は共通テスト前最後の模試というだけでなく、実際に大学で模試を受ける機会だったということで

緊張感を持ちながら受けることができたのではないでしょうか。

 

いつもの川崎校での受験と大学での受験とでは会場の広さも環境も全く異なってきます。

隣に座っている人の解く速度に影響を受けてしまったり、周りが気になって集中できないということは稀な話ではありません。

私がある私立大学を受験したときには、予想外のハプニングが起きて会場全体の試験開始時間が15分遅れた経験があります。

これは開始時間が遅れるというのは遅れることが問題というよりも、自分の集中力が切れてしまう可能性があります。

 

本番当日まで自分がどんな環境で受験するかは分からないので、

ハプニングが起きるかもしれないという心構えを持っておきましょう!

またどのような環境であっても自分を集中した状態へ持っていけるようにしておく必要があります。

そのためには普段から過去問を解くときに自分が集中できる方法を探してルーティーンを作っておくといいかもしれません。

私は試験が始まる前に30秒目をつぶって集中力を高める意識をしていました。どうすればよいか困ったら相談しに来てください!!

 

そして今まで何度も言われているかと思いますが、

今日のうちに自己採点をして明日の12日には全員登校するようにしましょう!

自己採点をして復習をするところまでが模試なので復習して客観的に自分を分析して模試を有効に活用しましょう!

明日校舎で待っています!

 

明日のブログは土居先生です!お楽しみに!