志望校の決め方No.11泉翔悟 | 東進ハイスクール川崎校|神奈川県

ブログ

2014年 5月 15日 志望校の決め方No.11泉翔悟

こんにちは。

昨日大学のスポーツ大会があり、僕はサッカーの代表として出場することになっ.たのですが、

相手選手に思いっきりふくらはぎに膝蹴りされ、そのままスルーされたので、途中からサッカーボールではなく相手のふくらはぎを蹴ることに集中していた、泉翔悟です。

ちなみに相手のふくらはぎを蹴ることに集中していたのは冗談です。( ̄▽ ̄)

そのくらいの広い心持ち、受験期は特に大事です。

無駄話のように見えて、実は受験に関連させると言う至難の技。

そんなわけで、志望校の決め方のお話をしたいわけですが、ブログを書く順番が僕が最後なので、恐らく話がかぶるでしょう。

さすがにそれでは面白くないので、僕が第一志望(明治大学)き決めた理由を教えてあげます。

僕は中学生の頃、何故か小説ブームというのが自分の中で一瞬ありました。笑

そこで、初めて読んだのは学校の先生に勧められ、そのあとドラマ化された「美丘」 という石田衣良が書いた小説なのですが、

僕はこの本にめちゃくちゃ感動したわけです。

そして、その本に出てくる大学が「明知 」大学なのです。

僕は「明治」だと勝手に思い込んでいました。

そして、ドラマ化されたときに仕様された大学がとてもお洒落で不思議なくらい魅力を感じていました。

ぼくはそこでも、その仕様されている大学が明治大学だと思い込んでいてそのとき俺は絶対ここに行く!と決めたわけです。

こんなしょうもない僕の志望校を決めた理由なのですが、僕が言いたいのは

偏差値が高いから

や、通うのが楽だから

みたいな理由だけでなく、実際に気になった大学を見てみようと言うことなんです。

そうすれば、僕のように偏差値だけではわからない魅力がわかるはずです!

そしたら絶対により一層のモチベーションアップに繋がりますよ!

行く時間がもったいないと言っているひとは、その大学の素晴らしさを生で感じられない方がもったいない!

是非とも行ってみてくださいね!

※ちなみに「美丘」のドラマで仕様された大学は明治大学ではなかったというのが途中で知りました。笑

さようなら~