学部紹介~東京農工大学工学部知能情報システム工学科~ | 東進ハイスクール 川崎校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 6月 9日 学部紹介~東京農工大学工学部知能情報システム工学科~

こんにちは! 担任助手の古平です。

今日は学部紹介ということで、東京農工大学工学部(と知能情報システム工学科)について紹介していきます!

 

 

農工大の工学部には、

 

生命工学科(L科)

生体医用システム工学科(B科)

応用化学科(C科)

化学物理工学科(U科)

機械システム工学科(M科)

知能情報システム工学科(A科)

の6つの学科があります。

 

特に、生命工学科は、日本で初めて設置された生命工学を専門とする学科なんですよ!!

 

生物と工学を一緒にやりたい人はL科とB科、

化学と工学を一緒にやりたい人はC科とU科、

物理と数学と工学を一緒にやりたい人はM科とA科がおすすめです。

 

各学科、面白い研究をたくさんやっているので、ぜひ、学科のHPをのぞいて見てください!!

 

 

そして!

私が所属しているA科の魅力について紹介したいと思います。

まず、A科は1年生から専門基礎科目が開講されます!(必修科目なので落としたらやばいです…)

 

プログラミング、コンピュータ基礎、電気回路などの専門基礎科目はこれから始まる研究への第一歩なので、毎回ワクワクです。教授陣も面白い先生ばかりなのでわかりやすい講義をしてくれるので、専門性の高い授業でも置いていかれることはありません!!

 

次に、2年次にコース分けがされることです!

 

学部2年に進級するタイミングで、ASコース(数理情報工学コース)とAEコース(電子情報工学コース)に分かれます。数理情報系と電気電子系は、似た分野なのに、学科が別なことが割と多いように思いますが、農工大では、専門基礎科目を履修したうえでコース決めができるので、自分がやりたいことが見つかった状態で進路を決めることができます。

 

最後に、研究室がたくさんあることです!

 

知能情報システム工学科には30を超える研究室があります。ASコース、AEコース関係なく研究室を選べるので、選びたい放題です!!A科の研究室は本当に面白いので、ぜひ一度学科HPをのぞいてください!

 

だいぶ長くなってきたので、私のお気に入りの授業の紹介をして終わろうと思います!

 

私のお気に入りの授業は、「知能情報システム工学概論」という授業です。

オムニバス形式の講義で、毎回違う先生が研究内容について熱く語ってくれます。

興味のあまりなかった分野でも、意外と面白いじゃん!という発見が毎回あってとても楽しいです

 

次回のブログは平林さんです。お楽しみに!!