夢作文 No.4 太田和喜 | 東進ハイスクール川崎校|神奈川県

ブログ

2014年 9月 6日 夢作文 No.4 太田和喜

今回も順番が回ってきました川崎校の太田です。

いつもならおふざけから入るのですが、今回のテーマが夢作文と真面目なので、

今回だけは真面目に書かせて下さい。

私の夢について話していきたいと思う。正直私の夢は漠然としている。「人の心を動かすこと」である。高校時代の私は、大学では法律を学んで、将来は法律の知識を活かせる仕事に就きたいと考えていた。大学に入ってみて、法律を勉強してみて感じたのは高校時代の自分の決断は間違っていなかったということである。法律科目は、学んでいて楽しいし、ためになっていると思う。法学部の特徴として、授業内で自分の意見をまとめて発表したり、他の人と意見を戦わせていく機会が他の学部に比べて多い点である。それらの機会を経て私が感じたのは、相手の意見を聞いた上で自分の意見を発表し、相手の心を動かし、納得させることがとても充実しているし自分には向いているということである。こう考えるに到った理由として、大学以外に担任助手という仕事をやらせてもらっているということが大きい。担任助手の仕事として、生徒と面談したり、保護者の方と面談をさせていただいたり、複数の生徒に対してグループ面談をやらせてもらったり、HRと題して、大規模なプレゼンをさせてもらっている。これらを通じて、私と話した人の気持ちや考えが変わり行動に移してくれているのを見るととても嬉しく感じている。
結果として、去年の私の生徒は全員大学に進学することができ、さらに担任助手として2人が後輩として川崎校で一緒に働くことになった(泉先生と中嶋先生)。これ以上嬉しいことはない。今年も担当生徒が全員合格し、そのうちの何名かが担任助手になってくれることを望んでいる。

これまで言ったように、私の夢は具体的な職業ではない。私は夢というのは職業とイコールの関係ではないと考えている。職業というのは夢を叶えるためのツールであって、夢というのは私のように漠然としたものだと考えている。

ここからは例になってしまうが、「人の心を動かす職業」として挙げらるのは、まず広告業がある。広告を見た消費者が心を動かされ、商品に手を取るなどである。同様にCMの作成などにも興味がある。それ以外には、色々な会社にあるであろう、営業だ。一般の市民に対して行う営業や、企業を相手に行う営業がある。他には、今私が行っているような教育業界である。

最初に述べたように具体的な職業までは決まっていない。ポジティブに捉えると、職業選択の幅が広いと考えている。これから2年の後期が始まるが、この先の人生のことを考え、具体的な職業を探したり、インターンシップに参加するなどしていきたい。しかし、私の夢である「人の心を動かす」ということを見失わないようにしていきたい。

 

これが私の夢作文です!

いつもと違って真面目になってしまいましたね(笑)

こういう一面もあるんと思ってもらえると嬉しいです(v^-^v)♪

今回はこのあたりで失礼します!!!!!