共通テストで気を付けるべきこと | 東進ハイスクール 川崎校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール川崎校|神奈川県

ブログ

2021年 12月 19日 共通テストで気を付けるべきこと

 

こんにちは。

担任助手の小林です。

 

 

共通テスト本番同日体験受験まで、1か月を切りました。

校舎や学力POS共通テストまでの日数をみて焦っている人もいるのではないでしょうか。

 

 

今日はそんな、共通テストで気を付けなければいけないことについてです。

皆さんは、共通テストで1番してはいけないミスはなんだと思いますか?

ちょっとした記憶違いによるミスや、時間配分のミスなど、

共通テストで考えられるミスはいろいろありますが、

共通テストで1番気を付けなければいけないミス

マークミス

だと思います。

 

 

マークミスは、1問落とす程度で大きな問題ではないのではないか?

と考える人もいるかもしれません。

確かに、1とマークしようとして、2とマークしてしまったというミスなら、

1問落とすだけで、そこまで大きな問題にならない場合が多いとは思います。

 

 

しかし、同じマークミスでも、解答欄を間違えて、同じ解答欄に2答えてしまって、

それ以降のマークすべてずれてしまうなどすると、大きな失点につながります。

 

 

また、選択問題のマークをミスすると大問単位で点数がなくなります。

さらには、なかなかミスする人はいないと思いますが、受験科目のマークをミスすると、

場合によっては出願科目に合わなくなり、出願したのに科目が違うから、

2次試験を受けることすらかなわなくなる可能性もあります。

 

 

本番では、科目ごとに受験科目のマークが正しいかを確認するように言われる時間があるので、

科目のミスはそこまで心配する必要はありませんが、

マークがずれるなどのミスは早くても1次の結果が出るまではわからず、

十分に受かる実力があるのに、実力とはあまり関係ない要因で1次試験で落ちたりする可能性があります。

 

 

これらのミスを防ぐためにも、高3生は過去問演習のときに、

まだ模試がある人は模試のときなどに、本番と同じような緊張感で問題を解き、

できればマークがずれていないかを確認する時間を確保し、

その確認をする習慣をつけましょう。

 

 

また、東進川崎校は20日(月)より

 

朝8:30~開館しています!

 

普段学校に登校するかのように東進に来て

 

冬休みも午前中から勉強し時間を有効活用していきましょう!

トップバナー